機能活用のヒント
ここでは、E-M1Xの性能を引き出すための機能をピックアップして紹介します。
それぞれの機能の詳細については、取扱説明書を併せてご覧ください。

オートフォーカスに有効な機能
AF方式
動く被写体にAFし続けたい
オートフォーカスの動作方式や手動でのピント合わせについての設定をします。
被写体に一度だけ合焦するシングルAF[S-AF]、ピント合わせを繰り返すコンティニュアスAF[C-AF]があります。また、被写体を検出して追い続ける追尾AF[C-AF+TR]があります。
動く被写体を追いながら撮影するときは、コンティニュアスAF[C-AF]を使います。シャッターボタンを半押ししている間、繰り返しピント合わせを行います。 コンティニュアスAF[C-AF]では、連写設定が、連写L、低振動L、静音連写L、プロキャプチャーLのときは、シャッターを切って連写している間もAF動作を続けます。連写設定が連写H、静音連写H、プロキャプチャーHのときは、1枚目の撮影時のピント位置で固定されます。
[AF+MF]の設定をすると、マニュアルフォーカスでピント位置を調整したり、AF動作を中断してマニュアルフォーカスをすることができます。 [ボタン機能]で設定すると、シャッターボタン以外のボタンでAF動作を行うこともできます。
[C-AF]で被写体にピントを合わせ続けながら狙いの位置で撮る
AFターゲットモード
AFするエリアを選択したい
ピントを合わせる範囲を示すAFターゲットの、範囲や数を設定します。シングルターゲット(1点)やグループターゲット(3x3や5x5など)、画面のほぼ全体をカバーするオールターゲットなどが設定できます。
シングルターゲットでは、狙った位置にピントを合わせやすくなります。コンティニュアスAF[C-AF]で動く被写体を追っているとき、AFターゲットが外れてピントが背景に移動してしまうと被写体を見失ってしまうので、グループターゲットにしてエリアを広げると効果的です。
被写体をAFターゲットで追いやすいときは[シングルターゲット]、難しいときは[グループターゲット]が有効です。
カスタムメニューA2の[(カスタム)ターゲットモード設定]でAFターゲットの数や位置を移動するときの動きをカスタマイズすることもできます。
シングルターゲットで追う
グループターゲットで追う 撮影時はピントの合ったフレームが点灯します
AF+MF
AF動作時もMF操作したい
AFとMF(マニュアルフォーカス)の併用ができます。AFでピントを合わせた後にレンズのフォーカスリングを操作してピント位置を調整したり、AF中に中断してMF操作をすることができます。
コンティニュアスAF[C-AF]のときは、AF動作中にレンズのフォーカスリングを動かすと、コンティニュアスAFを終了してMFに切り換わります。再度AFをするときは、シャッターボタンまたはAF動作を割り当てたボタンを操作しなおします。
この機能がオンのときは、連写中()や露光中もMF操作を受け付けます。

AEL/AFLモード
親指AFを使いたい
AFや測光の動作を行う操作の設定ができます。
[AEL/AFL]の機能を割り当てたボタンでのみAFや測光の動作を行ったり、シャッターボタンの操作と併用して使うことができます。[AF方式]別に設定することができます。
[AEL/AFLモード]の[C-AF]を[mode3]または[mode4]に設定すると、コンティニュアスAF[C-AF]のときに、AEL/AFLボタンを押して被写体を追いながら、シャッターボタンを押して撮影する、“親指AF”と言われる方法ができます。
[AEL/AFLモード]の[半押しAF]を[有効]に設定すると、シャッターボタンでのAF動作を併用できます。
狙った被写体を追いながら連写で撮る
AFスキャン
AF時のスキャン動作をやめたい
AFのとき、レンズを走査してピント位置を探す動作に制限をかけることができます。
AFでうまくピント合わせできないとき、カメラは至近から無限の間でレンズを走査してピント位置を探すAFスキャンの動作をします。ファインダーで小さな被写体を追っているときにAFスキャンが入ると被写体を見失うことがあるので動作を制限すると有効です。
AFスキャンをしない(mode1)の他、コントラストの低い被写体を狙うときのためにシャッターボタンを半押しした最初の1回だけAFスキャンする(mode2)、ピントを合わせるまでAFスキャンを繰り返す(mode3)の設定があります。

小さくてAFを外しやすい被写体
コントラストが低い被写体
C-AF追従感度
AFの敏感度を選択したい
コンティニュアスAF[C-AF]で被写体を追うときのAFの追従性の設定ができます。
AFを俊敏に反応させたいときは+側、邪魔なものに反応させたくないときは-側に設定します。
前後方向の動きや速度の変化が不規則な被写体や、見えない位置から急に現れる被写体にAFを追従させたいときは+側に設定します。被写体との間に障害物が出入りする環境で、ピントが障害物に移動してしまうのを避けたいときや、被写体からAFターゲットが外れてピントが背景に移動するのを避けたいときは-側に設定します。

被写体の動きや速さが不規則
被写体との間に電柱が入る
C-AF中央スタート
中央のAFエリアからC-AFをスタートしたい
グループターゲットやオールターゲットの設定でコンティニュアスAF[C-AF]を使うときに設定します。コンティニュアスAFで被写体を追うときに、1度目のAFは選択エリアの中央で行います。その後は選択エリア内でAFをします。
最初のピント合わせはピンポイントで行いたいが、移動が激しく、シングルターゲットで追い続けるのが難しい被写体のときに、AFの追従性を高めることができます。
サッカーなどの競技で、狙いの選手にピントを合わせたところから追い始めるようなときに有効です。

大勢の中で、特定の被写体を追っている
C-AF中央優先
常にAFエリアの中央でAFしたい
グループターゲットの設定でコンティニュアスAF[C-AF]を使うときに設定します。コンティニュアスAFで被写体を追うときに、常に選択エリアの中央を優先してAFを行います。中央でAFできないとき、周辺のエリアを使ってAFします。
比較的動きが読める被写体でも、動きが速くてシングルターゲットでは外してしまう可能性があるときに、AFの追従性を高めることができます。
サーキットの競技車両や、トラック競技の選手のように、狭いAFエリアでも被写体を追えるような場合に有効です。

コースを周回するような競技の被写体
AFターゲット表示
合焦している間はAFターゲット表示させたい
AFでピントが合ったとき、ピントがあった位置に緑色のAFターゲットが表示されます。このときの表示の仕方についての設定ができます。
ピントが合ったとき、AFターゲットを表示してすぐに消えるか、ピントが合っている間表示を続けるかを選択できます。コンティニュアスAF[C-AF]でAFをしているときは、通常は最初にピントが合ったとき1度だけAFターゲットを表示しますが、ピントが合うたびに表示させることができます。
AFターゲットモードをオールターゲット(画面全体)にして、[AFターゲット表示]を[On2]にしているときは、クラスター表示になります。ピントの合っている箇所のAFターゲットが表示されます。

合焦位置にAFターゲット表示
クラスター表示
(カスタム)ターゲットモード設定
AFターゲットのサイズや動きをカスタマイズしたい
AFターゲットを被写体や撮影環境に合わせてカスタマイズできます。[サイズ]でAFをするエリアの大きさを設定します。[移動ステップ]でAFターゲット位置の設定で移動させるときの動きを設定します。
[サイズ]では横方向、縦方向のサイズを設定できます。上下動が少なく横方向の動きだけのような被写体では、横一列にするなどの設定ができます。4種類の設定を登録しておくことができます。
登録したカスタムターゲットを、AFターゲットモードとして呼び出すためには、カスタムメニューA2の[表示設定]で表示設定をしておく必要があります。

線路上を走ってくる列車を追う
AFリミッター
AFの距離範囲を設定したい
AF動作をする距離範囲を設定できます。AF動作をする範囲を限定することで、AFにかかる時間を短縮できます。
被写体からピントが外れて背景などに移動すると、もう一度被写体にピントを合わせるのに時間がかかります。[AFリミッター]を設定しておくと、AFターゲットが外れたとき、大きくピント位置を移動してしまうのを防ぐことができます。
フェンス越しや窓越しの撮影などで、フェンスや窓にピントが合ってしまうのを防ぐこともできます。

撮影したい被写体の距離が決まっている
追尾被写体設定
特定の被写体を追尾してAFしたい
追尾AF[C-AF+TR]で撮影するとき、特定の被写体を検出して追尾することができます。
[モータースポーツ]は、競技の車やオートバイを検出して、ドライバーを追尾します。[飛行機]は、飛行機やヘリコプターを検出して、機体やコクピットを追尾します。[鉄道]は、鉄道車両やその運転席を追尾します。
車両や機体を検出すると白い枠が表示され、AF動作を始めると、追尾中のターゲットマークが表示されます。

車両を検出したとき
AF動作(シャッターボタン半押しなど)中
動体撮影に有効な機能
連写L 連写H
連写で撮影したい
連写の設定をします。 ピント合わせを優先するか連写速度を優先するか、によって設定を選択します。連写Lは最大約10コマ/秒、連写Hは最大約15コマ/秒で連写できます。静音連写を使うとさらに高速連写が可能です。静音連写Lで最大約18コマ/秒、静音連写Hで最大約60コマ/秒で連写できます。
移動する被写体にAFしながら連写するときは、連写L()を使います。コンティニュアスAF[C-AF]で連写すると、毎コマでAFをして撮影します。低振動L、静音連写L、プロキャプチャーLも同様です。
被写体との距離の変化があまりないときは、連写H()を使います。1コマ目でピントは固定されますが、連写Lより高速で連写できます。一瞬の動きを捉えることができます。静音連写H、プロキャプチャーHも同様です。

撮影中、距離が変化する被写体をAFを追従させながら連写する
撮影中、距離の変化しない被写体の一瞬の動きを連写で捉える
プロキャプチャー
撮り遅れる一瞬を残したい
動き出しの速度が速くて、狙ったタイミングでシャッターを切っても撮り遅れてしまうような一瞬を残すことができます。
シャッターボタンの半押しで画像の取り込みを開始して、シャッターボタンを全押しした瞬間からあらかじめ設定した枚数までさかのぼって記録します。さらにシャッターボタンを押し続けている間、設定した枚数まで撮影を続けます。連写速度や記録する枚数をあらかじめ設定しておきます。
プロキャプチャーL()は、コンティニュアスAF[C-AF]のときは、連写中も毎コマでAFします。プロキャプチャーH()は、1コマ目でピントが固定されますが、さらに高速で連写できます。

鳥が飛び立つ瞬間を撮る
静音撮影
1/8000秒より高速のシャッター速度を使いたい
静音撮影 ()では電子シャッターにより、最速1/32000秒のシャッター速度まで使用できます。 連写では、機械式シャッターでの連写より高速の連写ができます。また、シャッター音を出せない環境下での撮影でも効果があります。
コンティニュアスAF[C-AF]のとき、静音連写L()では、毎コマでAFをして撮影します。静音連写H()では、1コマ目でピントは固定されますが、連写Hよりさらに高速で連写できます。静音連写Lは最大約18コマ/秒、静音連写Hは最大約60コマ/秒で連写できます。
同調速度や連写速度に制限がありますが、フラッシュを使った撮影も可能です。フラッシュを使うときは、撮影メニュー2の[静音撮影時動作]で[フラッシュ]を[許可]にしておく必要があります。

フリッカーレス撮影
フリッカーによるコマ間の明るさのムラを抑えたい
蛍光灯などの商用電源照明の下で連写したときの、フリッカーの影響によるコマ間の露出のばらつきを抑えることができます。
設定を[On]にすると、フリッカーによるちらつきの周期を自動的に判断して、シャッターを切るタイミングを制御します。この機能は、機械式シャッターによる撮影で有効です。


フレームレート
動体を追う時のファインダーの見えを良くしたい
飛翔する鳥のように、速くて動きが大きい被写体をファインダーで追うと、ファインダー内の像が見えにくいことがあります。これは、ファインダーの表示にタイムラグが発生するためです。
[フレームレート]は、ファインダーの表示のタイムラグを短縮する機能です。設定を[高速]にすることで動きの速い被写体を追いやすくなります。


表現をサポートする機能
ハイレゾショット
より高解像度の画像サイズで撮りたい
50M相当の高解像の写真を生成します。通常の画像サイズでは拡大しても見分けられないような細部も精細に再現した画像を得ることができます。
自動的に撮影素子を動かしながら撮影した複数の画像をもとに1枚の画像にします。また、50M相当の画像になりますが、手持ちによる撮影も可能です。
三脚を使用して撮影する方法と手持ちで撮影する方法が選択できます。ドライブをハイレゾショット[]に設定して、三脚()か、手持ち()を選択します。三脚の設定では、80M相当のRAW画像を生成することができます。

ライブコンポジット撮影
比較明合成による撮影をしたい
比較明合成撮影をライブビューで確認しながら撮影することができます。
比較明合成撮影は、長時間露光で、背景の明るさを変えずに、明るい光跡の変化だけを重ねていく撮影です。
撮影モードをB(バルブ撮影)にして、[LIVE COMP]に設定します。1コマの露出時間を1/2から60秒の間で設定できます。シャッターを切って撮影を始めると、設定した露出時間ごとにモニターの画像が更新されて表示されます。撮影を終えるときは、もう一度シャッターボタンを押します。

設定した露出で写った背景に車の光跡が重ねられる
ライブバルブ/ライブタイム撮影
変化を確認しながらバルブ撮影したい
バルブ撮影により長時間露光をするときに、ライブビューの画面で仕上がり具合を確認しながら露光時間の調整ができます。
あらかじめメニューで、露光中にライブビュー表示する間隔を設定しておきます。撮影を始めると設定した間隔でモニターの表示が更新されます。
ライブタイム撮影(LIVE TIME)のときは、撮影の開始と終了でシャッターボタンを全押しします。また、カスタムメニューE2 の[BULB/TIMEリミッター]を設定しておくと、設定時間で自動的にシャッターを閉じます。

撮影中、モニターの表示が変化します
深度合成
被写界深度の深い写真を撮りたい
前景から背景までピントの合った、被写界深度の深い写真を撮ることができます。
奥行きのある被写体やマクロレンズでの近接撮影のように、絞り込んでも全体にピントが合わないときでも、全体にピントの合った写真を撮ることができます。
自動的にピント位置を動かしながら、複数回の撮影をして、1枚の画像に合成します。撮影は、電子シャッターによる静音撮影で行われます。

デジタルシフト撮影
台形補正や遠近感の強調をしたい
台形補正や遠近感の強調をライブビューで確認しながら撮影することができます。
シフトレンズを使用して撮影しているかのように、画面で確認しながら補正量を設定できます。縦方向、横方向同時に補正できます。補正した画像は元の画像から切り出されるので、少し拡大されます。切り出す範囲を調整することもできます。


広角レンズで撮影
補正後
ライブND撮影
明るい環境下で低速シャッターを使いたい
明るくてシャッター速度を遅くできないような環境下で、長秒時のシャッター速度で撮影したような効果を得ることができます。
あらかじめ露出段数を設定し、その段数分、シャッター速度を遅く設定できます。最大ND32(5EV)まで設定できます。例えば、1/60秒、F11で適正露出 となる環境下で、シャッター速度を最長1/2秒まで遅くして撮影できます。シャッター速度の上限は、ND段数により変わります。
この機能は、撮影モードがS(シャッター優先AE)、またはM(マニュアル)のときに設定できます。

フリッカースキャン
LED照明による縞模様の発生を抑えて撮りたい
LED照明の下で発生する縞を抑えて撮影することができます。ファインダーやモニターで画面に発生する縞を確認しながらシャッター速度を選択して撮影できます。
設定を[On]にして、画面に発生する縞が見えなくなるようにシャッター速度を調整します。調整中、絞り値や露出補正を操作するときは、INFOボタンを押して表示を切り換えてください。再度、繰り返しINFOボタンを押すと、フリッカースキャンの画面に戻ることができます。
この機能は、撮影モードがS(シャッター優先AE)、またはM(マニュアル)で、ドライブを静音撮影、プロキャプチャー、ハイレゾショットのいずれかにしたときに設定できます。

OVFシミュレーション
ダイナミックレンジの広いファインダー表示にしたい
ファインダーにはEVFが使われていて、逆光のようなコントラストの高い条件では、暗部が黒つぶれして見えにくい場合があります。[OVFシミュレーション]は、黒つぶれや白とびを抑えて光学ファインダーのような見え方を再現する機能です。
露出やホワイトバランス、ピクチャーモードのアートフィルターなどの撮影の設定は表示に反映されませんが、逆光などの条件でも、被写体を容易に確認できるようになります。


フィッシュアイ補正撮影
フィッシュアイレンズを使って超広角で撮影したい
フィッシュアイレンズの画面の歪みを補正して、超広角レンズを使ったような撮影ができます。
補正効果をライブビューで確認しながら撮影することができます。レンズによる歪みを補正した上で、画面にけられがない範囲で切り出します。この機能は、対応するフィッシュアイレンズを装着した場合のみ設定できます。(M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheye PRO)


フィッシュアイレンズで撮影
補正後
使いやすさを向上させる機能
ボタン機能
ボタンの機能を変更したい
あらかじめ割り当てられているボタンの機能を他の機能に変更することができます。
撮影スタイルに合わせて、操作しやすいボタンに機能を移動したり、メニューで設定する機能を割り当ててボタン操作一つで機能を使えるようにできます。 [ライブND撮影]や[フィッシュアイ補正撮影]をボタンを押すだけで起動したり、[AFリミッター]や[プリセットMF]を設定する事ができます。


中央ボタン機能
マルチセレクターを押してAF機能を設定したい
マルチセレクターをボタンとして押して、AFターゲット位置の設定をすることができます。
[中央ボタン機能]を[選択]に設定すると、マルチセレクターを押したとき、AFターゲットが表示されます。マルチセレクターを動かしてAFターゲットの位置の設定ができます。同時に、フロント/リアダイヤルで、AFターゲットモードや顔優先AFも設定ができます。
[]に設定して、[Home]ボタンとして使うこともできます。

Fnレバー機能
複数のAF機能の設定をワンアクションで切り換えたい
Fn(ファンクション)レバーの機能を選択できます。
[mode2]に設定すると、レバー操作で、一度に複数のAF機能の設定の変更をすることができます。Fnレバー1、2それぞれの位置でAF機能の設定をしておき、レバーを切り換えるだけでそれぞれの設定を使い分けることができます。[AF方式][AFターゲットモード][AFターゲット位置]の設定ができます。
それぞれのレバーの位置で、AF機能の設定をしておき、急な被写体の変更や状態の変化にすぐに対応することができます。
[mode1]は、フロント/リアダイヤルで設定する機能を切り換えることができ、[mode3]ではレバー操作でムービーモードに切り換えることができます。
C-LOCK設定
特定のボタンやダイヤル操作をロックしたい
ロックレバーをC-LOCKに設定したときに、ロックされる操作部を選択することができます。
ロックレバーをLOCKに設定すると、いくつかの縦位置ボタンや縦位置用のダイヤルの操作を無効にします。[C-LOCK設定]は、これに加えていくつかの操作部を無効にする設定ができます。

  • LOCKで無効にできる操作部
    縦位置シャッターボタン、縦位置フロントダイヤル、縦位置リアダイヤル、縦位置露出補正ボタン、縦位置ISOボタン、縦位置AEL/AFLボタン、縦位置マルチセレクター"

  • C-LOCK設定で、選択できる操作部
    フロントダイヤル、リアダイヤル、ボタン()、マルチセレクター、Fnレバー、十字ボタン、OKボタン、タッチパネル

ホームポジション (Home)
ボタン操作一つで登録したAF機能の設定にしたい
ボタン操作一つで、AF機能をあらかじめ登録してある設定にすることができます。[Home]の機能を割り当てたボタンを一度押すと、登録されている設定に変更されます。再度押すと、元の設定に戻ります。
登録できる設定は、[AF方式][AFターゲットモード][AFターゲット位置]です。カスタムメニューA2の[Home登録]で設定を登録します。使用するAF機能を限定することもできます。機能を使うためには、いずれかのボタンに割り当てる必要があります。カスタムメニューBの[ボタン機能]でいずれかのボタンに[Home]を割り当てます。
被写体を急に変更して撮影するときや、異なる撮影環境に合わせて切り換えながら撮影したいときなどに、ボタンを押すだけで、すぐに対応することができます。

撮影確認
撮影後、すぐに再生モードに移りたい
撮影直後に、再生モードに移行して撮影した画像を表示することができます。
(再生)ボタンを押して再生モードに移らなくても、すぐに削除や予約などの画像の操作をすることができます。
[撮影確認]では、その他に、撮影直後に撮影した画像を短時間表示する設定もあります。画像を再生している時間を設定できます。

マイメニュー
自分用のメニューをつくりたい
メニューから自分が使う項目だけを抜き出した、マイメニューをつくることができます。
メニューで、マイメニューに登録したい項目を選んで、(ムービー)ボタンを押して、登録するタブを選択します。
撮影メニューやカスタムメニューで、右上にのついた項目を登録できます。 マイメニューは、1つのタブに最大7つの項目、最大5つのタブまで登録できます。