OLYMPUS Your Vision, Our Future
ホーム Global site 検索
ICレコーダーサポートTop | Q&A | 対応表 | ダウンロード | 修理 | ユーザー登録 | お問い合わせ
     
 
V-72 ファームウェアアップデート ( Macintosh )
 
<概要>
  • 本アップデートソフトは、V-72 のファームウエアをアップデートするためのものです。
    ファームウェアを最新の 「 メイン Ver2.00、サブ Ver.1.01 」 にアップデートできます。
 
<対象>
  • ボイストレック V-72
 
<対象のファームウェアバージョン>
  • メインVer : 1.00
    サブVer : 1.01
※ V-72 のファームウェアバージョンは、「 メニュー 」 → 「 本体設定 」 → 「 システム情報 」 にて、「 バージョン 」 に表示されます。
 
<主な変更点について>
バージョンと
更新日
主な変更点
メインVer 2.00
サブVer 1.01

メインVer 1.00
サブVer 1.01

( 2009.9.3 )
  1. MP3形式での録音ができるようになりました。
  2. まれにノイズが発生する場合がある現象を改善しました。
  3. 本機で録音したファイルをPCで再生したときの安定性を向上しました。
ファームウェアアップデートにより新たに追加される内容については、「V-72 メインVer2.00、サブVer.1.01の追加機能」をご参照ください。
V-72 メインVer2.00、サブVer.1.01の追加機能
 
<作業時の注意>
  • アップデートに失敗すると、レコーダーが故障してしまう場合があります。
    本ページ、及び、更新手順概要に記載されている注意事項を十分にお読みください。
  • アップデート後は、元には戻せません。
  • 大切なファイルは必ず事前にパソコンにバックアップしてからアップデート作業を実施していただくようお願いします。
 
<用意する機材>
  • V-72 本体
  • Mac OS X 10.2.8〜10.9 のいずれかの OS が標準インストールされていて、1つ以上空きのある USB ポートを装備した Apple Macintosh シリーズパソコン
 
<更新手順概要>
更新作業は、以下の通りです。詳細な手順は、【 V-72 ファームウェア アップデート手順 ( Macintosh ) 】 をご覧ください。
  1. アップデートモジュールをパソコン ( デスクトップ等 ) にダウンロード ( 保存 ) します。
    Mac版 : V72_FWUPDATE_V200b.dmg
  2. V-72 をパソコンに接続します。
  3. 大切なファイルは必ず事前にパソコンにバックアップしてからアップデート作業を実施していただくようお願いします。
  4. 現在起動中の全てのアプリケーションソフト ( プログラム ) を終了してください。
  5. ダウンロード ( 保存 ) したアップデートプログラムをダブルクリックして実行します。
  6. パソコンに「ファームウェアのアップデートが完了しました」と表示後、レコーダーはパソコンに再接続されます。
    レコーダーの LCD に 「 PC と接続中です 」 と表示が出たら、パソコンから取り外してください。
    電池が無い場合には電池を挿入し、本体の電源を入れてください。
  7. ファームウェアのバージョンを確認します。
    バージョン情報は、メニューボタンを押して 「 本体設定 」 → 「 システム情報 」 にて、「 バージョン 」 に表示されます。
  8. 以上でアップデートの手順は完了です。
V-72 ファームウェア アップデート手順 ( Macintosh )

 
<アップデートモジュールダウンロード V-72 シリアル番号入力ページ>
アップデートモジュールをダウンロードして頂くためには、V-72 本体のシリアル番号を入力して頂く必要がございます。
以下の V-72 シリアル番号入力ページより、シリアル番号を入力しダウンロードを実施してください。

V-72 シリアル番号入力ページ

 
ページの先頭へ
オリンパス製品一覧 企業情報 サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー
Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.