OLYMPUS Your Vision, Our Future
ホーム Global site 検索
ICレコーダーサポートTopQ&A対応表ダウンロード修理ユーザー登録お問い合わせ
     
 
DSS Player for Mac
アップデートモジュールのダウンロード
( Mac OS 9.x 用 )
2003. 1 .24
2003. 9 .8更新
2003.10.15更新
2004. 2.10更新
2005. 6.29更新
< 概要 >
このアップデートモジュールは、Mac OS 9.x でDSS Player for Mac バージョン1.3.4a以前をご利用のお客様を対象にしたアップデートモジュールです。
( Mac OS 10.x をご使用のお客様で、DSS Player for Mac をご利用のお客様は、「Macintosh版 DSS Player Version 6/ DSS Player Version 6 アップデートモジュール(DSS Player for Mac から DSS Player Version 6へのアップグレードを含む)」をご覧ください。)
 
バージョンアップ履歴は、以下のとおりです。
バージョン
更新履歴
Ver.1.4.4

Ver.1.3.4a

(2005. 6. 29)
何らかの理由により管理ファイルが壊れ、フォルダをアクセスする度に管理ファイルが更新される問題を修正。
長時間録音したファイルを再生するときに、反応が遅くなる問題を解決。
DMシリーズの ICレコーダにおいて、PCから音楽フォルダ内のファイルを削除したときに、アプリケーションが異常終了してしまう問題を解決。

Ver.1.3.4a

Ver.1.3.3

(2004. 2.10)

Mac OS X 10.3のファーストユーザースイッチ機能に対応。
Mac OS X で、Classic環境を起動している時に、DS-10/ DS-1/ DS-650/ DS-150を接続するとDSS Player for Mac が「予期しないエラー」で終了してしまう問題を修正。
Mac OS X 10.3でHelpが正常に動作しない問題を修正。
Power MacのDual CPUを搭載する機種で、WMAファイルの再生が途中で停止する問題を修正。
OS 9.x用のDSS Player for Macで、過去のアップデートモジュールを使用してファイルが消えてしまった場合の修復機能を追加。
Ver.1.3.3

Ver.1.3.2

(2003.10.15)
WMAファイルからAIFFファイルへ変換する機能を追加。
インデックスを追加・削除する機能を追加。
メイン画面の表示にグリッドをつけて表示する機能を追加。
表示項目の「録音日」、「録音時刻」を録音の開始/終了日時を表示する「作成日時」と「終了日時」に変更。
ファイル、フォルダの操作にコンテクストメニューを導入。
新しく[ダウンロード]メニューを追加し、[ツール]メニューにあったコマンドを一部こちらに移動。
メイン画面からコメント、ファイル名、フォルダ名の編集を行うときにコピー&ペーストでの編集する機能を追加。
Ver.1.3.2

Ver.1.3

(2003. 9. 8)
Mac OS X 10.2にインストールした場合、ご利用するPCの環境によってDSS Player for Mac が「予期しないエラー」で起動できない不具合を修正。
Voice-Trek DM-10/ DM-20のユーザーIDに4文字未満の文字を設定した場合に、録音した音声ファイルをパソコンに転送できない不具合を修正。
Voice-Trek DM-10/ DM-20から音声ファイルをダウンロードしたときに、既に同じファイルがダウンロードしてあった場合にも重複してダウンロードしてしまう不具合を修正。
OS 9.x対応版で時間軸上をクリックしても、再生位置が移動しない不具合を修正。
Voice-Trek DM-10/ DM-20の音楽フォルダから、WMAファイルをダウンロードトレイの音声フォルダにドラッグ&ドロップ操作でコピーできるように修正。
早送り、早戻しボタンをクリックし続けた場合に、再生位置を一定速度で移動していた機能を加速しながら移動するように修正。
ファイルを再生しながら別のファイルを選択したときに、再生を停止せずそのまま選択したファイルを再生するように修正。
キーボードから操作できるショートカットキーを追加。
Ver.1.3.2

Ver.1.2.x

(2003. 1.24)
Voice-Trek DM-1を接続したときに、音楽フォルダを表示するように修正。音楽フォルダのアイコンに、Finder等からWMA、MP3ファイルをドラッグ&ドロップしてDM-1にコピーすることができます。また、音楽フォルダ内の楽曲の再生順をドラッグ&ドロップ操作で変更する機能を追加。
Voice-Trek DM-1から音声ファイルをダウンロードしたときに、既に同じファイルがダウンロードしてあった場合にも重複してダウンロードしてしまう不具合を修正。
Voice-Trek DS-150/ DS-650/ DS-1/ DS-10から音声データをダウンロードしたときに、特定の再生位置で発生する音飛びの不具合を修正。
 
<動作環境>
対応OS
Mac OS 9.0 / 9.1 / 9.2
対応パソコン
iMac、iBook、eMac、Power Mac、PowerBook等 USBポートを標準で装備したもの
RAM容量
16MB以上
ハードディスク空き容量
5MB以上 ( この他に音声用の空き容量が必要 )
ディスプレイ
800×600ドット以上、256色以上
CD-ROMドライブ
2倍速以上
USB通信ポート
1つ以上の空き
オーディオ入出力端子
イヤホン(またはスピーカー)出力
接続可能なレコーダー
Voice-Trek DM-30、DM-20、DM-10、DM-1、DS-20、DS-10、DS-1、DS-650*、DS-150*
 
* DS-650、DS-150の接続には、Macintosh用USB接続キットAS-100Macに同梱のUSBアダプタ RA5 が必要です。
 
< DSS Player for Mac のアップデートモジュールのダウンロード>

以下のアップデートモジュールは、StuffIt Expanderなどで解凍後、実行してください。ダウンロード終了後、解凍して作成されるフォルダにあるインストールファイルを実行すると、自動的にセットアップを開始します。セットアップ開始後は画面表示の指示に従ってください。

DSSMac144update9.sit (2.53MB)

 
< インストール上のご注意 >
アップデートを行う際には、ご利用のPCにアップデートの対象となるDSS Player for Macがインストールされている必要があります。
インストールするときは、起動しているアプリケーションをすべて終了してください。
Mac OS X で Classic 環境をご利用の場合には、Mac OS 9 のシステムに OS 9 用の DSS Player for Mac をインストールしないでください。IC レコーダーを接続したときにドライバのコンフリクト ( 「予期せぬエラー」 ) が発生する場合があります。
 
ページの先頭へ
オリンパス製品一覧 企業情報 サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー
Copyright OLYMPUS CORPORATION All Rights Reserved.