CS Voice-Trek DSS Player4 からDSS Player5へのアップグレードモジュール
OLYMPUS Your Vision, Our Future
ホーム Global site 検索
ICレコーダーサポートTopQ&A対応表ダウンロード修理ユーザー登録お問い合わせ
     
 
DSS Player4 からDSS Player5への
アップグレードモジュール
 
2003. 11. 14 新規

概要

Voice-Trek DS-1用PC接続キットAS-100Wに同梱の「DSS Player 4」、またはVoice-Trek DM-1に同梱の「DSS Player 4 for DM-1」をご利用のお客様を対象に、DSS Player 5にアップグレードするアップグレードモジュールをご提供します。


【アップグレードの対象製品】
  DSS Player 4(Voice-Trek DS-1用PC接続キットAS-100W同梱)
DSS Player 4 for DM-1(Voice-Trek DM-1同梱)
* DSS Player 3.xは、アップグレードの対象ではありません。
【アップグレード後に追加・修正される主な機能】
(1) 音声フォルダにサブフォルダを作成し、ファイルを分類して保存することが可能になります。
(2) ノイズキャンセル機能が追加されます。
(3) Voice-Trek DM-1の音楽フォルダに保存されるファイルの再生順が、DSS Playerで変更できます。
(4) WMAファイルの再生が可能になります。
(5) DSSファイルをWAVEファイルに変換した時に、変換後のファイルの録音時間が「00H00M00S」と表示される問題が解消されます。
* DSS Player 5については、DSS Player 5にアップグレードした後、オンラインヘルプをご覧ください。

【ダウンロード】
  ダウンロードされる方は、下のDSS4UG5.exeのファイル名をクリックしてください。DSS4UG5.exeファイルは実行ファイルです。ダウンロード終了後、DSS4UG5.exeを実行することで、アップグレードが自動的におこなわれます。

DSS4UG5.exe(9.65MB)

【インストールについてのご注意】
(1) プログラムを実行するには、DSS Player 4もしくはDSS Player 4 for DM-1が、パソコンにインストールされている必要があります。
(2) プログラムを実行する前に、DSS Playerおよびその他のアプリケーションソフトウェアは終了させておいてください。
(3) DSS Player 4に保存されている音声ファイルは、そのままDSS Player 5に継承して保存されます。(DSS Player 4の「作業トレイ」に保存されていたファイルは、DSS Player 5にアップグレード後、「Work」という名称のサブフォルダに保存されます。)
(4) Voice-Trek DM-1に同梱の「Voice-Trek DM-1ミュージックユーティリティ」に含まれるMUSICMATCH MP3 Jukeboxは、このアップグレードモジュールではバージョンアップされません。MUSICMATCH MP3 Jukeboxのアップデート情報については、こちらをご覧ください。
ページの先頭へ
オリンパス製品一覧 企業情報 サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー
Copyright OLYMPUS IMAGING CORP. All Rights Reserved.