OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

  • サイトマップ
  • グループトップ
製品別 Q&A  ( オーディオ製品 )

VP-15 Q&A

Q1 : VP-15 の付属品を教えてください。

VP-15 の付属品は以下の通りです。

  • 本体
  • 単4形ニッケル水素充電池 (BR404×1本)
  • USB 延長ケーブル (KP19)
  • 取扱説明書 (保証書付き)
Q2 : 録音の音声ファイル形式は何ですか?

以下の表をご覧ください。

ファイル形式 サンプリング周波数
リニア PCM 形式 22.05 kHz / 16 bit 22.05 kHz
MP3 形式 128 kbps 44.1 kHz
WMA 形式 32 kbps mono 44.1 kHz
5 kbps mono 8 kHz
Q3 : 録音可能時間はどのくらいですか?

以下の表をご覧ください。なお、掲載している値は目安となります。

録音モード 内蔵メモリー (4 GB)
リニア PCM 形式 22.05 kHz / 16 bit 約 12 時間
MP3 形式 128 kbps 約 66 時間
WMA 形式 32 kbps mono 約 258 時間
5 kbps mono 約 1,620 時間
Q4 : 電池持続時間はどのくらいですか?

以下の表をご覧ください。

■内蔵ステレオマイク録音時:
録音モード 電池持続時間
アルカリ乾電池 ニッケル水素充電池
リニア PCM 形式 22.05 kHz / 16 bit 約 24 時間 約 20 時間
MP3 形式 128 kbps 約 27 時間 約 22 時間
WMA 形式 32 kbps mono 約 33 時間 約 26 時間
5 kbps mono 約 50 時間 約 38 時間
■音声ファイル再生時 (全再生モード):
<スピーカ再生時>
録音モード 電池持続時間
アルカリ乾電池 ニッケル水素充電池
リニア PCM 形式 22.05 kHz / 16 bit 約 19 時間 約 16 時間
MP3 形式 128 kbps 約 21 時間 約 18 時間
WMA 形式 32 kbps mono 約 24 時間 約 19 時間
5 kbps mono 約 24 時間 約 19 時間
<イヤホン再生時>
録音モード 電池持続時間
アルカリ乾電池 ニッケル水素充電池
リニア PCM 形式 22.05 kHz / 16 bit 約 23 時間 約 19 時間
MP3 形式 128 kbps 約 28 時間 約 22 時間
WMA 形式 32 kbps mono 約 29 時間 約 23 時間
5 kbps mono 約 29 時間 約 23 時間
  • * 電池持続時間は当社試験法によるものです (LED 表示ランプ:OFF)。
    使用電池、使用条件により大きく変わります (特にノイズキャンセル、ボイスバランサ―、再生シーン、再生速度、ソク録モード等の機能を使用した場合は電池持続時間に大きく影響します)。
Q5 : VP-15 の録音可能件数を教えてください。

録音できるファイルは最大 999 件です。

Q6 : 「ボイスバランサー」とはどの様な機能ですか?〔再生設定〕

同時に録音された音声のうち、小さな音は大きく、大きな音は一定以上にはならないよう、すべて聴きやすい音量で再生します。
音源が複数位置となる会議録音などに便利です。

Q7 : 「擦れ音フィルター」とはどの様な機能ですか?〔録音設定〕

ポケットに入れながら録音するときに、衣服との摩擦によるこすれ音 (ガサガサ音) を軽減します。

Q8 :「ローカットフィルター」とはどの様な機能ですか?〔録音設定〕

エアコンの空調音やプロジェクターのファンの音などの雑音を軽減できます。

Q9 : ノイズキャンセル機能は搭載されていますか?〔再生設定〕

搭載されています。
室内の空調音やプロジェクターのファンの音などの雑音を低減し、クリアに再生できます。

Q10 : 録音シーンの切替はできますか?〔録音設定〕

会議や商談など録音する状況に合わせた最適な設定が、あらかじめ 4種類登録されています。状況に応じたおすすめの設定に一括で切り替わります。

[ポケット]: ポケットに入れたまま、広範囲の音声を録音するときに適しています。
[メモ]: 自分の声など、ごく近い音声の録音に適しています。
[会議]: 広いスペースでの会議など、広範囲の音声を録音するときに適しています。
[商談]: 小スペースでの打ち合わせなど、やや近い音声を録音するときに適しています。

Q11 : 表示言語の切替はできますか?

本体上の表示は、日本語 / 英語の切替えが可能です。

Q12 : 早聞き・遅聞き再生はできますか?〔再生設定〕

早聞き/遅聞き機能を搭載しております。
再生スピードの設定は×0.5倍速 (遅聞き再生)〜×1.0倍速 (通常再生)〜×2.0倍速 (早聞き再生) まで 0.1倍速刻みで選べます。

Q13 : インデックスマーク、テンプマークの機能について詳しく教えてください。

インデックスマークや テンプマークを付けると、早送り・早戻しやファイルの頭出し操作で、聞きたい位置をすばやく探せます。
VP-15で作成されたファイルにはインデックスマークが付けられます。
他のオリンパス製 ICレコーダーで作成されたファイルではインデックスマークを付けられないことがあり、インデックスマークが付けられないファイルにはテンプマークが付けられます。
また、オリンパス製以外の機器で作成されたファイルにはテンプマークが付けられます。
インデックスマークは録音中、再生中、停止中に付けられます。

  • インデックスマーク・テンプマークは 1つのファイル内に最大で 99件まで付けることができます。
  • テンプマークは一時的なマーキングです。他のファイルへ切り替えたり、ファイルをパソコンに転送したり、パソコンで移動すると自動的に消去されます。
Q14 : 音声起動録音 (VCVA録音) 機能について教えてください。〔録音設定〕

音声起動録音 (VCVA) とは、設定した音声起動レベルよりも大きな音声を感知すると自動的に録音が始まり、音声が小さくなると自動的に録音を一時停止する機能です。
会議中の長い沈黙などを自動的にカットして録音することによりメモリを節約できます。

Q15 : 録音レベル (録音感度) の変更はできますか?〔録音設定〕

目的に合わせて内蔵マイクの録音感度を、[オート]、[高 (会議)]、[低 (メモ)]に切り替えられます。

[オート]: 入力された音量に追従して、録音レベルが自動的に変化します。音声全般を録音するときに適しています。
[高 (会議)]: 録音感度が高く、講義や大人数の会議など、遠くの音や小さな音の録音に適しています。
[低 (メモ)]: 録音感度が低く、口述録音などマイク近くの音の録音に適しています。

Q16 : 録音したファイルを分割できますか?

ファイルの分割は可能です。
容量の大きいファイルや録音時間の長いファイルを分割して管理・編集しやすくすることができます。
なお、分割できるのは本機で録音した PCM形式、MP3形式のファイルです。

Q17 : 本体内蔵のマイクで録音できる距離はどのくらいですか?

周囲の雑音の大きさや録音対象の音の大きさ、また、録音する場所にもよりますが、室内での通常の会議録音であれば 5m くらいの距離であれば録音は可能です。
ただし、環境によっては雑音が大きくなる場合がありますので、実用的には 2〜3m を目安としてご使用ください。
なお、ご使用の際には事前に試し録りされることをお勧めいたします。

Q18 : 録音の一時停止はできますか?

録音を一時停止することはできません。

Q19 : ソク録モードとは何ですか?

電源を切ったあとでも録音待機時間内であれば瞬時に録音を始められます。
ワンタッチですぐに録音を開始でき、録音のチャンスを逃しません。
録音待機の時間は、[1時間]、[3時間]、[5時間]、[10時間]、[OFF] から選択できます。

Q20 : メモリーは増やせますか?

内蔵メモリーのため増やすことはできません。

トップページへ戻る
  • お問い合わせ窓口 ( パーソナル製品 )  各種窓口へのお問い合せ方法、営業日・営業 時間についてはこちらをご覧ください。
  • 修理について
  • オリンパスプラザ サービスステーション ショールーム
  • ユーザー登録
  • オンラインショップ