OLYMPUS Your Vision, Our Future

OLYMPUS IMAGING

  • サイトマップ
  • グループトップ
製品別 Q&A (オーディオ製品)

ボイストレック V-82 / V-72 / V-62 Q&A

  • Q26 : 録音した音声ファイルに、Windows Media Player 上でつけた名前を V-82 / V-72 / V-62 で表示できますか?
  • A26 : ファイルリスト表示時には、ファイル名が表示されます。
    再生時にはタイトル名、アーティスト名、アルバム名も表示されます。
  • Q27 : 同一のファイルに続けて録音できますか?
  • A27 : 一旦録音を停止した場合、同一のファイルでその後に続けて録音はできません。
  • Q28 : フォルダを作成する際に階層制限はありますか?
  • A28 : V-82 / V-72 / V-62 には、「ミュージックモード」 の中に 「 Music 」 フォルダがあり、その 「 Music 」 フォルダ内に 2 階層までフォルダを作成できます。
    「 Music 」 フォルダを含めて、最大 128 フォルダの作成が可能で、1 フォルダにつき最大 200 ファイルまで入れることができます。
    ただし、 「ミュージックモード」の直下 ( 「 Music 」 フォルダと同じ階層 ) にフォルダを作成しても、 V-82 / V-72 / V-62 では認識しません。
  • Q29 : フォルダ名は変更できますか?
  • A29 : 音声用フォルダの名前を変更すると、V-82 / V-72 / V-62で、フォルダ内のファイルを認識しなくなりますのでご注意下さい。
    「 Music 」 以下の音楽用フォルダは、パソコンと接続してパソコン上で、お好きな名前に変更することが可能です。
  • Q30 : V-82 / V-72 / V-62 上でファイルに名前をつけることができますか?
  • A30 : V-82 / V-72 / V-62 上でファイル名の変更はできません。
  • Q31 : DSS Player を使うことはできますか?
  • A31 : 録音形式は WMA ですが、DSS Player で再生・管理することは可能です。
  • Q32 : Windows Media Player でファイルを開いた時、インデックスマークはどのように表示されますか?
  • A32 : Windows Media Player では、レコーダーで付加したインデックスマークを検出することはできません。( 従来機種の V-61/51 も同じです。)ホームページからダウンロードできる DSS Player-Lite ( フリーソフト ) をお使いいただくと、インデックスマークの検索をすることが可能です。

    DSS Player-Lite ダウンロードページ
  • Q33 : 音楽ファイルの記録時間はどのくらいですか?
  • A33 : ビットレート 128kbps ・ 1 曲 4 分で換算して、V-82 の場合 約 2000 曲、V-72 の場合 約 1000 曲、V-62 の場合 約 500 曲の記録が可能です。
  • Q34 : 対応するビットレートは?
  • A34 : WMAの対応ビットレートは 5〜320kbps、MP3 の対応ビットレートは 8〜320kbpsです。
    WAVのビット数は16bitです。
  • Q35 : タイトル表示に対応している言語は?
  • A35 : UNICODE 文字を使用してタイトルが記述されている場合には、日本語、欧州言語、ハングル、中国語、キリール文字が表示可能です。ただし、UNICODE 文字以外を使用した場合、日本語と英語のみ表示可能です。
  • Q36 : ダイレクトエンコーディングは可能ですか?
  • A36 : レコーダーモードにして、ステレオ録音のモードを選択し、コネクティングコード ( KA333 ) を他のオーディオ機器と接続すれば、音楽ファイルを作成することは可能です。 ただし、曲間を検出してファイルを分ける機能はありません。
    また、録音されるファイルの形式は、WMA で 128kbps ( ステレオXQ モードの場合 ) ステレオが最高音質となります。
    V-82はリニアPCM形式で 44.1kHz/16bit、MP3 形式で256kbpsが最高音質として録音できます。
  • Q37 : イコライザ機能はありますか?
  • A37 : 3 種類のプリセットイコライザ ( ROCK / POP / JAZZ ) の他に、ユーザー設定が可能です。
    また、「 WOW 」 の設定で、3D サラウンドの調整 ( SRS )、低音の調整 ( Trubass ) が可能です。
  • Q38 : 曲順の変更は可能ですか?
  • A38 : 「 ファイル設定 」 メニューの 「 並び替え」 から曲順の変更が可能です。
  • Q39 : 音楽再生の電池持続時間は?
  • A39 : < 音楽再生時の電池持続時間 >

      WMA MP3
    電池持続時間 約 26 時間 約 25 時間

    ※ 単 4 アルカリ電池使用時・当社測定法による
  • Q40 : USB キーとして使用できますか?
  • A40 : USB キーとしては使用できません。
  • Q41 : パワースイッチはありますか?
  • A41 : パワースイッチはありません。
    ホールドをオンすることで、パワースイッチオフと同じ状態になります。
  • Q42 : 画面に表示される文字数は何文字ですか? ( ミュージックモード )
  • A42 : リスト表示画面では、ファイル名を 80 文字スクロールしながら表示します。
    ファイル表示画面では、曲名を40 文字スクロールしながら表示します。
    また、アーティスト名とアルバム名を半角16文字(全角8文字)表示します。
  • Q43 : WOW と WOW XT の違いは何ですか?
  • A43 : WOW XTは、豊かな低音を創出する SRS TruBass 技術をアップデートしたことにより、従来の WOW よりも質感の高い ( 重量感のある ) 低音再生を提供できるようになりました。
  • Q44 : 会議や講演会を録音する時の注意事項を教えてください。
  • A44 : 基本的に会議や講演会等の録音用途には、HQモード以上の高音質モードでの録音をお勧めいたします。
    V-82 / V-72 / V-62 の場合、ステレオマイクが内蔵されており、WMA ステレオ録音となりますので、よりクリアで臨場感のある録音を行えます。
    ただし、会議や講演会などの録音は、話し手の声や音響状態によっては明瞭に録音できない場合がありますので、状況に応じ市販の望遠マイクなどの使用をお勧めします。
  • Q45 : ボタンを操作しても、全く動作しません。故障でしょうか?
  • A45 : ホールドの状態になっていませんか?
    電池は消耗していないかどうかもチェック頂き、それでも動作しなければ、お買い上げの販売店、もしくはお近くのオリンパスサービスステーションにご相談下さい。
  • Q46 : 市販されているイヤホンは使用できますか?
  • A46 : 通常市販されている JIS C6560 の規格に準拠した φ3.5mm ミニプラグの付いたイヤホン ( ヘッドホン ) で、インピーダンスが 8Ω以上のものであれば使用可能です。
  • Q47 : ACアダプターは使用できますか?
  • A47 : 使用できません。
  • Q48 : ルートフォルダにフォルダの最大件数までファイルをコピーできない場合があるのですが?
  • A48 : ファイル名の長さによっては、最大件数までファイルをコピーできないことがあります。
    その場合は、ルート以外のフォルダにファイルをコピーしてお使いください。
  • Q49 : 音楽ファイルを Windows Media Player 9 を使って転送する方法を教えてください。
  • A49 : Windows Media Player 9 を使用して音楽ファイルを転送する方法 」 をご参照ください。
  • Q50 : 音楽ファイルを Windows Media Player 11 を使って転送する方法を教えてください。
  • A50 : Windows Media Player 11 を使用して音楽ファイルを転送する方法 」 をご参照ください。
トップページへ戻る
  • お問い合わせ
  • 修理について
  • オリンパスプラザ サービスステーション ショールーム
  • ユーザー登録
  • オンラインショップ