CS Voice-Trek Q&A
OLYMPUS Your Vision, Our Future
ホーム Global site 検索
ICレコーダーサポートTopQ&A対応表ダウンロード修理ユーザー登録お問い合わせ
     

VN-120/VN-240/VN-480PC
仕様/機能関連


管理番号:VT000671J


Q:より良い音質での長時間録音を実現とは、具体的にどのようなことですか?

A:VN-120 / VN-240 / VN-480PCは、特に長時間モード ( LPモード ) において当社従来機種 ( VN-900 / VN3600 ) に比べてサンプリング周波数を改善しました。

【サンプリング周波数と周波数特性の比較】
機種名
VN-120
VN-240
VN-480PC
VN-900
VN-3600
サンプリング周波数
(周波数特性)
HQ
16.00kHz
( 300Hz〜7.2kHz )
15.47kHz
( 300Hz〜5.8kHz )
SP
10.60kHz
( 300Hz〜4.7kHz )
10.26kHz
( 300Hz〜4.2kHz )
LP
5.75kHz
( 300Hz〜2.6kHz )
3.47kHz
( 300Hz〜1.6kHz )

サンプリング周波数とは
  アナログ音声からデジタルデータへの変換をサンプリングといい、時間とともに連続しているアナログ信号を1秒間に何回区切って変換を行うかということをサンプリング周波数といいます。単位はHz。別名サンプリングレート。
たとえば1秒間に20,000回サンプリングした場合、サンプリング周波数は20kHzとなります。数値が高ければ高いほど ( 細かく区切れば区切るほど ) 音質は向上しますが、それだけデータ量も増えます。現在、CDやMDは44.1kHz、DVDビデオ、DVDオーディオは44.1〜192kHzのサンプリング周波数を用いています。
   
周波数特性とは
  どの周波数からどの周波数まで ( 低い方から高い方へ ) の音を再現できるかということを表す物です。数値の幅が広いほど、低音域から高音域まで幅広く再現できて良い音質ということになります。



Q一覧に戻る



ページの先頭へ
オリンパス製品一覧 企業情報 サイトマップ サイトポリシー プライバシーポリシー
Copyright OLYMPUS IMAGING CORP. All Rights Reserved.