デジタルカメラ製品情報
.


V-10 仕様/機能関連


管理番号:VT000178J


Q:主な機能を教えてください。
A:主な機能は、以下の通りです。

(1) マイクモードの切り替えが可能
正面方向の指向性・感度を高めたズームモードと、周囲の音声を平均的に録音するノーマルモードの切り替えが可能です。
(2) 高音質録音モードを設定
従来のSP(標準)、LP(長時間)モードに加えて、HQ(高音質)モードを設定。
(3) スケジュールアラーム再生
設定した時刻に毎日5分間アラーム音が鳴ります。アラーム音が鳴っている間にどれかの操作ボタンを押すと、当日のスケジュールフォルダ内にある全てのメッセージを再生します。尚、スケジュールアラーム機能をOFFにしないと、毎日設定した時刻にアラーム音が鳴ります。
(4) メッセージアラーム再生
メッセージ毎に設定を行うと、設定した日付時刻に5分間アラーム音が鳴ります。アラーム音が鳴っている間にどれかの操作ボタンを押すと、アラーム設定を行ったメッセージを再生します。その後、アラーム設定は自動的に解除されます。この機能は最大20件まで設定することができます。
(5) フォルダ(A、B)間のファイル移動
AまたはBフォルダに録音したファイルを、他方のフォルダに移動することができます。
(6) 音声起動録音(VCVA録音)
音声に反応して自動的に録音がスタートし、音声が途絶えると2秒後に録音が停止する機能です。VCVA(Variable Control Voice Actuator:音声起動装置)は、メモリの無駄や再生時の時間のロスを防ぎ、長時間録音に威力を発揮します。
(7) 用途に合わせて使い分けられる3つのフォルダ
音声ファイルをA,B,Sの3つのフォルダに分けて録音ができます。フォルダ毎最大100件まで保存できますので、用途別管理、使用者別管理などの自由な使い分けができます。
(8) 早聞き再生機能
再生中に再生ボタンを1秒以上押すと、通常の約1.3倍のスピードで再生できます。録音内容のチェックなどに最適です。
(9) LCD表示の切り替え
停止状態で表示ボタンを押すたびに、時刻→録音可能時間→日付→時刻・・の順に表示が切り替わります。
停止状態で表示ボタンを押すたびに、時刻→録音可能時間→日付→時刻・・の順に表示が切り替わります。
再生状態で表示ボタンを押すたびに、再生経過時間→再生残り時間→録音した年月日→録音時刻・・の順に表示が切り替わります。
(10) 年月日の表示順序の変更
『年』『月』『日』の設定中、表示ボタンを押すたびに『年』『月』『日』表示の順序が切り替わります。
表示例:2001年7月12日
7.12 ’01(初期設定)→12.7 ’01→’01.7.12→7.12 ’01(初期設定)→・・
(11) 付属のUSB接続キットでパソコンと接続が可能
音声ファイルをパソコンで保存や再生ができ、またV-10をマイクにしてパソコンに直接録音することなどができます。