.


DS-150 仕様/機能関連


管理番号:VT000231J


Q:主な機能を教えてください。
A:以下のような機能を備えています。

1) 音声をデジタル音声記録の標準規格DSS形式のデータに変換して高能率圧縮した後、内蔵の8MBフラッシュメモリに記録します。
2) 2種類の録音モードが選択できます。スタンダードモード(SP)で約75分、ロングモード(LP)で約160分の連続録音が可能です。
3) 上書き録音や挿入録音、部分消去等の機能があり、録音後の編集が容易に出来ます。
4) フォルダーがAとBの2つあります。用途に合わせてフォルダーを使い分け、メッセージの管理ができます。(99メッセージ/1フォルダー)
5) 聞きたいメッセージへ簡単な操作でスキップができます。
6) 別売りのPC接続キット(AS41)を使い、パソコンに音声ファイルを転送して保存や再生が可能です。
7) 別売りのUSB接続キット(RA5)を使いますと、PC接続キット(AS41)よりも高速に音声ファイルのデータ転送が行えます。
8) USB接続キット(RA5)を使いDS-150を入力機器として、DSS形式の音声データをパソコンのハードディスクに録音ができます。(300MB程度の空き容量があれば、約100Hの連続録音ができます)
9) IBM社の音声認識ソフトViaVoiceミレニアム(別売)またはジャストシステム社のVoice一太郎10 e-Talk(別売)を利用して、録音した内容を音声認識させることができます。ただし音声認識を行うにはスタンダードモードで、騒音のない環境においてDS-150のマイクに向かい口述録音を行う必要があります。このため会議や講演会などの録音を音声認識させることはできません。


Q一覧に戻る