OLYMPUS

OLYMPUS IMAGING

  • サイトマップ
  • グループトップ
デジタルカメラの基礎知識

被写体とカメラ

ファインダーをのぞき、被写体を中央にバランスよく配置したつもりでも、撮影後できあがった写真を見ると、ずれていることがあります。

視差 ( パララックス )

光学ファインダーを持つデジタルカメラは、レンジファインダー構造となっており、 ファインダーのレンズと実際に撮影するためのレンズが分かれています。 そのために、ファインダーの光軸と撮影レンズの光軸が異なり (この現象を一般的に視差、またはパララックスと呼びます) ファインダーで覗いた画像と撮影した画像にズレが生じます。
なお、ファインダーが電子ビューファインダー ( EVF ) の場合は、この現象は発生しません。

視差について    
ファインダーで確認時 撮影した画像
ファインダーで確認時 撮影した画像

特に視差が大きくなるマクロモードでの撮影時は、ファインダーを使わずに液晶モニターを使うことをおすすめします。
液晶モニターには、撮影レンズの画像 ( 被写体 ) が直接、写し出されるため、視差は発生しません。

液晶モニターには、撮影レンズの画像 (被写体) が直接、写し出されるため、視差は発生しません

トップページへ戻る
  • お問い合わせ
  • 修理について
  • オリンパスプラザ サービスステーション ショールーム
  • ユーザー登録
  • オンラインショップ