デバイス マネージャについて

デバイス マネージャ は、Windows にある機能の 1 つで、 パソコンに接続している全ての機器 (デジタルカメラなど) を管理する機能のことです。

デバイス マネージャを表示し、「その他のデバイス」に (×) や (!) のマークが表示されている場合、 パソコンに接続している該当の機器が正常に動作しない可能性があります。
例えば、パソコンとデジタルカメラを USB ケーブルで接続した場合、 「その他のデバイス」に (!) や (×) マークが表示されていると、 デジタルカメラ内の画像データをパソコンに取り込むことができません。
この場合は、該当機器のドライバを再インストール、またはデバイス マネージャ上から、 該当項目 (「その他のデバイス」内の「!」や「×」マークが付いている項目) を削除したあとに、パソコンを再起動することで、改善される場合があります。


デバイス マネージャの起動方法については、以下をご参照ください。
  • Windows 98/98SE/MEの場合

    1. 「スタート」−「設定」−「コントロール パネル」の順にクリックします。
    2. 「システム」をダブルクリックします。
    3. 「デバイス マネージャ」タブをクリックします。
    4. 項目が表示されます。


  • Windows 2000 の場合

    1. 「スタート」−「設定」−「コントロール パネル」の順にクリックします。
    2. 「システム」をダブルクリックします。
    3. 「ハードウェア」タブをクリックします。
    4. 「デバイス マネージャ」をクリックします。
    5. 項目が表示されます。


  • Windows XP の場合

    1. 「スタート」−「コントロール パネル」−「パフォーマンスとメンテナンス」の順にクリックします。
    2. 「システム」をダブルクリックします。
    3. 「ハードウェア」タブをクリックします。
    4. 「デバイス マネージャ」をクリックします。
    5. 項目が表示されます。



閉じる